事業所紹介

STS GALLERY | 大阪市地域活動支援センター事業

自分でできる仕事をしながら
力をつけていくことを目標にした所です。

こんなことで悩んでいませんか?

働きたいけど 自信がない。
一人でいると余計なことばかりかんがえてしまう。
時間を持て余す。昼夜逆転しがち。
何からはじめたらいいのか分からない。
人づきあいが苦手。

そんな悩みをお持ちの方たちが仕事を通じてなりたい自分を目指しているところです。 スタッフと相談をしながら自分のペースでスタートされています。

ご利用案内

利用対象者
  • 大阪市内に住んでいる。
  • 精神障害者保健福祉手帳をもっている、または
    自立支援医療を受給している。
  • 15歳以上の方
  • STS GALLERYに通所したいと思っている。

※ 週1回半日からの利用も可能です。最大週5日朝から夕方まで。

定員

19名

開所

月~金 9:30~17:00
※ 土日祝休み その他年末年始・夏期休みあり

利用料

無料


活動内容
  • 内職(袋入れや箱詰め、シール貼りや簡単な組み立てなど)
  • オリジナル商品(皮革のお財布やブックカバー・アクセサリー等の制作・販売)

※STS GALLERYの商品は全国の百貨店・雑貨店等で販売されています。
※座って手先を使ってするお仕事がほとんどです。
 不器用でもご自分のできるお仕事からはじめていただけます。
 スタッフが丁寧に指導します。

<その他の活動>

  • ショートプログラム(ヨガ メイクレッスン お茶会 など)
  • レクリエーション 年2回程度
  • 研修(就労に向けての勉強会や防災研修など)
  • 利用者ミーティング 月1回(毎月末)

連絡先

STS GALLERY
536-0007 大阪市城東区成育3-5-19-1F
TEL/FAX 06-6930-5540

利用者の声

Cさん(60代/男性)

会社勤めをしている頃、意欲の低下や思考制止が有り、職務の停滞やミスが相次ぎ、勤務を続ける自信が無くなり、止むなく退職しました。電車に乗ると動悸や悪寒を感じたり、自転車の運転中ふらついたりと、外出もおぼつかない状態でした。そんな折ネットで、同様の症状を抱えていた方が、精神科に通い改善しつつあるという内容のブログを見かけ、一度相談してみようと精神科を訪れました。診断はうつ病でした。その後やや回復の兆しが見えたものの再就職の意欲も自信も湧いて来ず、依然として外出や人との会話も億劫で、とはいえ収入や生活の不安もあり、ジレンマの中で悶々とした日々を送ってきました。
そんな時主治医とケースワーカーの方から、STS GALLERYを紹介され通う事にしました。そこでは革製品の制作と、内職をしています。失敗もありますが、忘れていた手で物を作る楽しさを思い出しました。内職は単純作業で集中力が途切れそうな所、1時間ごとの休憩で続けられています。ノルマに追いたてられることもありません。自宅にじっとして居ると、ふさぎ込みがちですが、そこで作業に集中している間は不安や心配事で思い悩む事はなく、むしろ気持ちが落ち着きます。居場所を見つけたような気さえします。
STS GALLERY に通って、ずい分症状が軽くなったと思います。このまま続けて、もう少し意欲と自信が出てくれば良いなと思っています。